定額プランの「小さなお葬式」でお金のトラブルが発生するのはなぜ?

小さなお葬式でありがちなお金のトラブルとは?

 

「小さなお葬式」の最大の特徴は何か? それは、追加料金が発生しない「定額プラン」の葬儀を提供しているところです。費用があらかじめ明確になっているので、私たちユーザーにとって安心感があります。

 

しかし、「小さなお葬式」の口コミをチェックすると、なぜか「お金に関するトラブル」を目にすることが少なくありません。費用が明確な定額プランなのに、どうしてお金に関するトラブルが発生してしまうのでしょうか?

 

一部の悪徳葬儀業者が、お金に関するトラブルを引き起こしている

 

結論から言うと、「小さなお葬式」でお金のトラブルが発生するのは、一部の葬儀業者がルールを守らないのが原因です。定額プランなど完全に無視して、自分たちの利益ばかりを追求する「悪徳葬儀業者」が存在しているわけです。

 

たとえば、次のようなトラブル事例があります。

 

出典:みん評

 

葬儀業者から、ものすごくしつこいセールスがあり、プラン内容を無理やり変更させられたとのこと。本来30万円ほどですんだはずが、終わってみたら100万円ほども支払わされたとなると納得できるはずがありません。

 

かなり悪質だと思いますし、話を聞いただけで怒りがわいてきます。もし自分が当事者だったら、悔しくて悔しくてしかたないでしょう。

 

他にも、次のようなトラブル事例があります。

 

出典:みん評

 

定額プランだと思って「小さなお葬式」に申し込んだのに、追加・追加・追加で、通常の葬儀と変わらない金額(おそらく100万円超え?)を請求されたというトラブル事例です。

 

「皆さんしてます」「故人の為です」という営業トークにも悪意を感じます。故人を想う遺族の感情につけ込んで、巧妙にお金を出させようとするやり方は、遺族や故人を侮辱していると言わざるをえません。

 

ネット上の口コミを見ていると、「小さなお葬式」が自社で葬儀を行っていると勘違いしている投稿が少なくないようです。ここは明確にしておくべきポイントです。

 

「小さなお葬式」は、自社で葬儀を執り行っているわけではありません。地方の葬儀業者と提携していて、それらの携葬儀業者(つまり別の会社)が実際の葬儀を担当します。

 

詳しくは別記事にまとめているので、そちらも参考にしてください。

 

関連記事

 

ここまで、とりあえず2つのトラブル事例だけ紹介しましたが、これらのトラブルには、ある「共通点」があります。その共通点とは、いったい何でしょうか?

 

「小さなお葬式」のお金に関するトラブルの共通点とは?

 

「小さなお葬式」のお金のトラブルには、すべて「葬儀業者が起こしたトラブル」だという共通点があります。「小さなお葬式」が起こしたトラブルではなく、葬儀業社が起こしたトラブルだということです。

 

考えてもみてください。「小さなお葬式」がホームページに記載している金額で葬儀が行われたなら、お金のトラブルなど発生するはずがありません。

 

実際の葬儀を請け負った葬儀業者が、「すでに決まっている金額」を無視して、無理やりお金を巻き上げようとするからトラブルになるわけです。

 

「小さなお葬式」経由で集客したお客様には、自社のプランを提案してはならない

 

まず大前提として、「小さなお葬式」に申し込んだお客様に対しては、「小さなお葬式」の定額プランの内容で葬儀を行わなければなりません。葬儀業者が、自分勝手な見積もりを出してくるなどありえません。

 

自社で集客した場合と小さなお葬式から紹介してもらった場合の違い

「小さなお葬式」経由なら定額プランのみ実施できる

 

葬儀業者が自社で集めてきたお客様であれば、自分たちで自由に価格設定してかまいません。どんな葬儀プランを提案するのも自由です。

 

しかし、「小さなお葬式」経由で集客したのであれば、「小さなお葬式」の定額プランそのままを、お客様に提供する義務があります。定額プランの金額と内容を遵守する義務が、葬儀業者にはあります。

 

葬儀業者が勝手に、金額と内容を変更する権利などないんです。ここを履き違えている「悪徳葬儀業者」が存在していて、トラブルを繰り返しているわけです。

 

残念ながら、「小さなお葬式」を悪用している葬儀業者が存在する

 

お金のトラブルを引き起こす葬儀業者は、「小さなお葬式」を悪用していると言わざるをえません。お客を集める手段としてしか考えておらず、そもそも「小さなお葬式」の定額プランを遵守する気がありません。

 

「小さなお葬式」からお客様を紹介してもらい、そのお客様に対して、自社の葬儀プランを無理やり押し付けることを「当たり前」と思っているわけです。極めて悪質と言わざるをえません。

 

地方の葬儀業者は小さなお葬式の定額プランを守る気がない

そもそも定額プランでやる気がない悪徳業者

 

このような悪徳葬儀業者には、今すぐ廃業していただきたいところではあります。しかし残念ながら、今の葬儀業界はまだまだ過渡期です。

 

コンプライアンス重視を徹底している、良心的な葬儀業者はもちろん存在します。今後も、ますます増えていくことでしょう。しかし、従来の「不透明な体質」が抜けきっていない葬儀業社も、まだしばらくは存在し続けると思われます。

 

では、もしも運悪く、このような悪徳葬儀業者に当たってしまったら、私たちはどうすればいいのでしょうか? 泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 

悪徳葬儀業者による、お金のトラブルを回避する方法とは?

 

もしも悪徳葬儀業者に当たってしまったら、きちんと自己防衛しないといけません。相手のペースで話を聞いているだけでは、葬儀費用が2倍、3倍、4倍と、ドンドンふくらんでいってしまいます。それではマズイです。

 

葬儀業者が自分勝手な見積もり書を取り出してきたら、すぐに「心のスイッチ」を切り替えてください。葬儀業者が「グレードアップ」や「追加オプション」の話をし始めたら、すぐに自己防衛の体制をとってください。

 

「小さなお葬式」で集客したら定額でやる義務がある!

「小さなお葬式」で集客したら定額でやる義務がある!

 

具体的には、次のような言い方をするといいでしょう。その場面を思い浮かべながら、イメージトレーニングしてみてください。

 

あなた「おたくは今回、小さなお葬式からお客様を紹介してもらいましたよね。」

担当者「そうです。」

あなた「小さなお葬式は、定額プランで安心だから、お客様に選ばれているのはご存知ですよね。」

担当者「まぁ、そうですね。」

あなた「小さなお葬式からお客様を紹介してもらったのなら、追加料金なしで、小さなお葬式の定額プランの内容で葬儀してください!」

担当者「ですが、小さなお葬式のプラン内容は、もともと現実的ではないんですよ。この値段ではちゃんとした葬儀はできないです。」

あなた「それなら、なんで、小さなお葬式からお客様を紹介してもらったんだって話でしょ! 小さなお葬式のプラン内容で、ちゃんとした葬儀ができるから、小さなお葬式からお客様を紹介してもらったんじゃないの?」

担当者「でも、みなさん、このようにされてますよ。」

あなた「それは、あなたが、お客様をそのように誘導してるからでしょ。」

担当者「・・・」

あなた「いいですか。おたくが自社で集客したんだったら、おたくの葬儀プランを自由に提案していいですよ。」

担当者「・・・」

あなた「でも、小さなお葬式からお客様を紹介してもらったのなら、小さなお葬式のプラン内容で葬儀を実施する義務がおたくにはあるんですよ。グレードアップや追加オプションの話が出てくること自体がおかしいんだ。」

担当者「・・・」

あなた「こっちは小さなお葬式の定額プランに申し込んだんです。おたくが自社で企画した葬儀プランに申し込んだんじゃないんですよ。」

担当者「・・・」

あなた「葬儀費用については、これ以上話す気はないです。それ以外の、返礼品や通夜式の食事などについて、話を聞かせてください。」

担当者「はい・・・。ご参列者様への返礼品についてですが、こちらのパンフレットにあるように・・・(→次の話題に移る)」

 

ポイントを整理すると次のようになります。ひとことで言えば「ズルするな!」ということです。

 

  • 自社で集客したお客には、自社プランを売り込んでOK
  • 小さなお葬式で集客したなら、自社プランを売り込むのはNG
  • 小さなお葬式のプランでできないなら、小さなお葬式で集客するな!
  • 「みなさんやってる」は、あんたがそう誘導してるだけだろ!

 

交渉ごとは、最終的にはパーソナルパワーで決まったりします。つまり、気持ちが強いほうが勝つということです。毅然とした態度で、キッパリと主張してください。

 

理屈はこちらの圧勝です。あとは気持ちで負けないようにしましょう。

 

悪徳葬儀業者によるお金のトラブルをなくすために(口コミの注意点)

 

さきほど、一般の方の口コミを紹介しましたが、口コミを投稿するなら「5W1H」を正しく記載することが大切です。つまり、「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」といったことが、正しく記載されている必要があるということです。

 

今回のケースで言えば、トラブルを起こしたのが「小さなお葬式」なのか? あるいは、トラブルを起こしたのが「葬儀業者」なのか? 「だれが」がわかりにくい口コミになっています。(おそらく、投稿者自身に勘違いがあると思われますが)

 

もし、「みん評」などの口コミサイトや、「Twitter」「Facebook」などのSNSで口コミを投稿するなら、「小さなお葬式」を主語にするのではなく、「小さなお葬式」で紹介された「葬儀業者の名称」を主語にして書かないと真実が伝わりません。

 

悪徳葬儀業者を業界から淘汰するには、その悪徳葬儀業者に向けて書かないとダメです。せっかく口コミを投稿するのであれば、評価するにしても、批判するにしても、ターゲットが曖昧だと意味がないです。

 

もちろん、「小さなお葬式」の監督責任に苦言を呈することも大切だと思います。この場合は、まず悪徳葬儀業者を実名で批判する。そのうえで、「小さなお葬式」の監督責任について苦言を呈する。このような文脈での口コミをすべきでしょう。

 

【まとめ】「小さなお葬式」で、お金のトラブルが発生するのはなぜ?

 

追加料金が発生しない「定額プラン」なのに、なぜ「小さなお葬式」でお金のトラブルが発生するのか? その理由は、一部の葬儀業者が、ルールを無視して勝手な営業を行っているからです。

 

残念ながら、コンプライアンスの意識がない葬儀業者が存在していて、「小さなお葬式」を悪用しているわけです。

 

しかし、そのような悪徳葬儀業者に当たってしまった場合でも、このページでご紹介したようなやり方で交渉すれば大丈夫です。何度か読みなおしていただいて、事前にイメージトレーニングしておきましょう。

 

ちなみに、「小さなお葬式」の顧客満足度は93.4%だそうです。

 

 

自社調べの数字らしいので、この数字を全面的に信じるわけではないですが、「小さなお葬式」の利用者が増えている現状を考えると、根拠のない数字でもないと思われます。

 

とりあえず資料を取り寄せるなどして、自分の目で見て、信頼性を判断するのがいいかもしれません。

 

↑↑↑こちらから資料請求で5,000円の割引適用です。

 

「小さなお葬式」特集に戻る≫


このページの先頭へ戻る