「小さなお葬式はなぜ安い?」低価格が可能な本当の理由とは?!

小さなお葬式はなぜ安い?

 

従来の葬儀と比べて、「小さなお葬式」は葬儀費用が安いと言われます。いったい、なぜ「小さなお葬式」を利用するだけで、費用が安くなるのでしょうか?

 

【結論】従来の葬儀が高すぎた

 

結論から言いましょう。「小さなお葬式」が安い理由は、単純に「従来の葬儀があまりにも高すぎた」からです。葬儀にかかる費用をひとつひとつチェックし、「適正価格」を設定し直したら大幅に安くなってしまったというわけです。

 

それでは、従来の葬儀ではどのくらいの費用がかかっていたのか? そして、「小さなお葬式」を利用すると、どのくらいの費用が節約できるのか? 順番に見ていきましょう。

 

葬儀にかかる費用の全国平均は?

 

まず、葬儀費用の全国平均についてですが、一般財団法人 日本消費者協会の統計資料によると、次の表のような結果だったそうです。(※合計が合わないのは、項目ごとに有効回答を選んで集計しているためだそうです。)

 

葬儀費用の全国平均

葬儀費用の全国平均に関する統計データ

 

葬儀にかかる費用は3種類あります。「飲食接待費」「お布施」「葬儀一式費用」です。このうち、葬儀業者に支払うお金は「葬儀一式費用」で、2017年の全国平均が121.4万円だったそうです。

 

「小さなお葬式」を利用した場合の葬儀費用は?

 

一方で、「小さなお葬式」に支払う費用ですが、これは公式ホームページに金額がズバリ明記されています。あるいは、資料を請求すると、見積もり書もいっしょに同封されてくるので参考にするといいでしょう。

 

小さな一般葬のプラン内容

小さな一般葬の見積もり書

 

こちらの写真は、「小さなお葬式」の最上位プランである「小さな一般葬」の見積もり書です。葬儀に必要となるモノ・サービスが全て含まれて、59.9万円という価格設定になっています。

 

わかりやすく比較するために、グラフで示すと次のようになります。

 

葬儀一式費用の全国平均と小さなお葬式の比較

「全国平均」と「小さなお葬式」の比較

 

葬儀一式費用の全国平均と比較して、「小さな一般葬」だと57.6万円の節約になることがわかります。他にも「小さな家族葬」や「小さな一日葬」などのリーズナブルなプランを利用すれば、さらに安くすませることも可能です。

 

葬儀にかかる「原価」について考えてみると…

 

「小さなお葬式」を利用すれば、葬儀費用が安くなることはわかった。でも、それならなぜ、「小さなお葬式」はそんなに安くすることができるのか?

 

この答えは、葬儀にかかる「原価」を考えてみれば明らかです。

 

たとえば「棺」の原価は?

 

たとえば、葬儀で絶対に必要になる「棺」ですが、通販のAmazonで2万円以下で売られていたりします。Amazonで2万円以下なので、原価としては、せいぜい数千円(もしかすると数百円?)といったところでしょう。

 

画像:Amazonより引用 こちら

 

しかし、「棺」を葬儀社に用意してもらうと、10万円とか普通に請求されてしまいます。私たちに選択肢はなく、葬儀業者の「言い値」ですべて決まってしまうのが葬儀の実態です。

 

葬儀費用というのは、葬儀業者が「高くしよう」と思えば、いくらでも高くできてしまいます。一方で、葬儀業者が「安くしよう」と思えば、いくらでも安くできるということでもあります。

 

「小さなお葬式」は、葬儀費用を「安くしよう」というコンセプトで生まれた葬儀ブランドです。「安くしよう」という気持ちで費用を見直していったら、ホームページに明記されているような安い価格設定が実現したというわけです。

 

たとえば「仏衣」の原価は?

 

他の例も見てみましょう。たとえば「仏衣」なども、Amazonで安く売られています。

 

画像:Amazonより引用 こちら

 

これも、原価としてはたかが知れてますが、葬儀業者に頼めば、請求書に「数万円」が加算されてしまいます。

 

葬儀業者もビジネスなので、これを「ボッタクリだ!」などと決めつけるのは乱暴だとは思います。とはいえ、本来払う必要のない金額を、業社の「言い値」で払わされるのも悔しいものです。

 

せっかく、「小さなお葬式」のような価格的に良心的な葬儀ブランドがあるわけなので、賢く利用して自己防衛するのが正しい選択かもしれません。

 

【まとめ】「小さなお葬式」はなぜ安い?

 

以上まとめますと、「小さなお葬式」が安いのは、従来の葬儀が高すぎたということに尽きます。従来の葬儀業界の「不透明さ」の結果です。

 

葬儀の値段は、葬儀業者の「言い値」で決まってしまうため、私たちユーザーが、かなり高額な費用を負担させられていたという実態があるわけです。

 

葬儀業界の「不透明」を「透明」に

 

「小さなお葬式」は、従来の葬儀業界の「不透明さ」を「透明」にしたいというコンセプトで誕生した葬儀ブランドです。

 

私たちユーザーの立場で、価格設定を見直してくれた結果として、ホームページに明記されているような価格設定が実現したということになります。

 

 

葬儀費用は安ければいいというものではありません。ですが、だからといって、余計な費用まで私たちが負担する必要はないでしょう。

 

従来の葬儀一式費用(全国平均121.4万円)はどう考えても高すぎます。「小さなお葬式」を利用して、少しでもお金を節約するのが、現時点では最も確実な自己防衛策になると思われます。

 

↑↑↑こちらから資料請求で5,000円の割引適用です。

 

「小さなお葬式」特集に戻る≫

このページの先頭へ戻る