【葬儀Q&A】お布施に料金表がない理由は?

 

お布施に決まった料金表がないのはなぜですか? 料金表さえあれば安心できるのですが、料金表がないといくら取られるかわからず不安です。

 

お布施に料金表がない理由は、料金表を作ってしまうと、お寺の収入が減ってしまうからです。

 

 

【1】お布施の価格競争に発展する

 

例えば、お寺Aが、次のような料金表を作ったとしましょう。

 

お寺Aの料金表
  • 読経料・・・50万円
  • 戒名料・・・100万円

 

この場合、読経のみの依頼だと「50万円」の利益で、読経と戒名のセットで依頼されると「150万円」の利益になります。

 

仮に、読経のみの依頼が月に15件、読経と戒名のセットでの依頼が月に15件あるとしましょう。すると、お寺Aの収入としては次のようになります。

 

お寺Aの収入=50万円×15件+150万円×15件=3,000万円

 

しかし、ものごとはこんなに単純ではありません。料金表を作ると、ライバルのお寺が、価格競争を仕掛けてくるかもしれないからです。

 

ライバルのお寺Bがより安い料金表を作ると?

 

お寺Aのライバルであるお寺Bが、次のような料金表を作ったとします。

 

お寺Bの料金表
  • 読経料・・・25万円
  • 戒名料・・・50万円

 

すると、お客さんは、お布施の安いお寺Bばかりを利用するようになるかもしれません。仮にお客さんが3分の1になったとすると、お寺Aの収入は次のようになります。

 

お寺Aの収入=50万円×5件+150万円×5件=1,000万円

 

お寺Bに対抗して新しいお布施の料金表を作ると?

 

お客さんがこのまま減り続けると困るので、お寺Aが、新しい料金表を次のようにしたとします。

 

お寺Aの料金表
  • 読経料・・・15万円
  • 戒名料・・・25万円

 

この場合、読経のみの依頼だと「15万円」の利益で、読経と戒名のセットで依頼されると「40万円」の利益になります。

 

お客さんの数がもとに戻ったとして、読経のみの依頼が月に15件、読経と戒名のセットでの依頼が月に15件あったとしましょう。すると、お寺の収入としては次のようになります。

 

お寺Aの収入=15万円×15件+40万円×15件=825万円

 

このような感じで、料金表を作ってしまうと、ライバル同士で価格競争に発展しかねません。そうなると、収入が減ってしまうため、料金表を作らない方がいいという判断になるわけです。

 

【2】お布施をタップリ払ってくれる太客からの収入が減る

 

お布施の料金表を作ってしまうと、収入が固定されてしまいます。例えば次のような料金表を作ってしまうと…

 

お寺Aの料金表
  • 読経料・・・15万円
  • 戒名料・・・25万円

 

すべてのお客さんから、読経のみの依頼で「15万円」、読経と戒名のセットの依頼で「40万円」しか受け取れなくなってしまいます。

 

ですが、料金表がなければ、もっともっとお金を払ってくれる「太客(ふときゃく)」がいるかもしれません。例えば、読経だけにもかかわらず100万円払ってくれたり、戒名料込みで500万円払ってくれる人がいるかもしれないわけです。

 

  • とても信心深い人
  • 知識のないお金持ち
  • 見栄を張るタイプの人
  • 弱腰な人(気弱な人)
  • お金を多く払うことで精神的に救われたい人

 

こういった太客を、みすみす手放すのはもったいないです。ビジネスとして考えた場合に、料金表を作ることには、お寺の側にはデメリットしかないわけです。

 

以上のような理由から、お寺はお布施の料金表を作ろうとしません。お布施は「お気持ちで!」というのは、料金表を作らずに済ませるための建前と言っていいでしょう。


このページの先頭へ戻る