【葬儀費用Q&A】心付けは渡さないとダメなんでしょうか?

葬儀,心づけ

 

心付けは渡さないとダメなんでしょうか?

 

葬儀の中で、僧侶や葬儀社スタッフなどに「心づけ」を渡す人も多いです。心づけとは、チップや寸志ともいわれるもので、気持ちで渡すものです。

 

つまり、心付けは、必ず渡さなければいけないものではありません。とは言っても、常識がないと思われるのもイヤですし、やはり気になるものではあります。

 

ということで、ここでは、心づけについて詳しくお話ししましょう。

 

 

【1】「心づけ」の相場は? 誰に渡す?

 

心づけの相場は、1人あたり「5千円」が目安と考えていいでしょう。ですから、単純に3人分を用意するとなると、1万5千円ほど必要になります。

 

ちなみに、葬儀の中で渡す心づけには、3つの種類があります。

 

1.僧侶への心づけ

僧侶には、読経料や戒名料などのお布施も渡しますが、その他に任意で心づけも渡します。

 

2.葬儀業社の担当スタッフへの心づけ

葬儀業社で葬儀を担当してくれたスタッフに、気持ちで心づけを渡すこともあります。

 

3.葬儀業社の運転手への心づけ

病院から葬儀場、葬儀場から自宅、火葬場までなど、喪主や遺体を運んでくれた葬儀業社の運転手に、心づけを渡すこともあります。

 

【2】最近の心づけ事情は?

 

任意とはいえども、昔は必ず支払われていた心づけ。しかし、最近では渡さない人や、必要ないのではないかと考える人も多いようです。

 

なかでも、僧侶には渡すけれども、葬儀社スタッフなどには渡さない、という人が増えています。その理由に「葬儀社内での心づけ受け取り禁止令」があります。

 

心づけ受け取り禁止令

 

心づけを個人的に受け取ると、トラブルが発生するケースが多かったり、ひどい場合は、スタッフが心づけを催促するケースもあったそうです。そのため、葬儀会社が自主的に禁止しているわけです。

 

これは、葬儀社の担当者にも運転手にも言えることです。

 

喪主が自分でキッパリと決めればいい

 

心づけは、気持ちで渡すものなので、無理に周りに合わせる必要はありません。払うにしても、払わないにしても、明るく、にこやかに、弁解がましくなく、キッパリと決めればいいです。

 

僧侶や葬儀社など、これまでの付き合いもあるでしょうし、これからの付き合いもあるでしょう。そういったことを踏まえたうえで、心づけの必要性を喪主が決めればいいことです。


このページの先頭へ戻る