【葬儀Q&A】返礼品・香典返しの費用の相場は?

 

参列者に対する「返礼品」や香典に対する「香典返し」は、どのようなものをお渡しすればいいのでしょうか? また、それらの費用の相場は、いくらくらいですか?

 

葬儀の参列者やお香典をくださった方には、返礼品や香典返しをするのがマナーです。返礼品やお香典返しの費用の相場は、地域によって、そして個人的な考え方・事情によっても変わってきます。

 

とはいえ、目安となる金額があった方が、わかりやすいですよね? そこで、返礼品や香典返しには、どれくらいの金額のものをお渡しすればいいのか、一般的な相場をご紹介します。

 

 

【1】参列者に対する「返礼品」について

 

葬儀の参列者には、お礼として「返礼品」をお渡しします。香典をもらったかどうかは関係なく、参列してくださったかた全員にお渡しするものです。

 

返礼品の費用としては、500〜1,000円程度で考えておくといいでしょう。

 

品物としては、お茶、コーヒー、タオルなどが一般的です。参列者が持って帰るものなので、「軽くて持ちやすいもの」を選ぶと無難ではないでしょうか。

 

返礼品についてまとめ
  • 葬儀の参列者全員に渡す
  • 予算は500〜1,000円程度
  • 軽くて持ちやすいもの(お茶、タオルなど)

 

【2】お香典に対する「香典返し」について

 

香典返しは、お香典をいただいた方に、お礼としてお渡しするものです。一般的には、四十九日法要が終わってから、郵送または手渡しで渡します。

 

香典返しの費用の相場としては、いただいた香典の3分の1から半分くらいが目安になります。つまり、香典を3万円いただいた人に対しては、1〜1.5万円程度の品物をお返しするイメージです。

 

香典返しに何を送るかは決まっていませんが、お菓子の詰め合わせとか、コーヒーセットとか、じゃまにならない食品類がいいかもしれません。

 

香典返しの商品選びで迷ったら、カタログギフトなどを送るのもいいと思います。3千円程度のものから、3万円程度のものまで細かく用意されているので、いただいた香典の金額に合わせて送るといいでしょう。

 

香典返しについてまとめ
  • 香典をいただいた方に送る(郵送、手渡し)
  • 四十九日法要が終わってから、すみやかに
  • 費用はいただいた香典の3分の1から半分くらい
  • 食品などのじゃまにならないものや、カタログギフトが喜ばれる

 

【3】香典返しについて補足

 

ここまで、四十九日の法要が過ぎてから送る返礼品のことを「香典返し」として説明しました。

 

しかし、実際にはいろいろなやり方があって、香典を受け取ったその場でお渡しする返礼品のことを「香典返し」と呼ぶケースもあります。

 

香典を受け取ったその場で香典返しを渡す場合

 

その場で香典返しを渡す場合には、前もって香典の金額を知ることができません。なので、香典の金額を「予想」して、それに対して香典返しの商品選定をすることになります。

 

では、いただく香典の平均金額を、どのように予想すればいいでしょうか?

 

これについては、故人がどのような人たちとお付き合いがあったかにもよります。もし、知り合いにお金持ちが多いのであれば、平均3万円とかになるかもしれませんが、そうでないなら平均1万円とかになるかもしれません。

 

例えば、地域の一般的な人たちが参列されるケースで考えるなら、いただく香典の平均金額を「1万円」などと想定して、3千円程度の品物を香典返しとして用意すればいいでしょう。

 

いずれにしても、地域によって習慣的な違いがあるのが普通です。経験のある年配者に相談するとか、葬儀社の担当者に聞いてみるのが無難ではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る