【葬儀費用Q&A】お布施の相場はいくらか?

葬儀費用,お布施の相場

 

お布施の内訳は、どのようなものがありますか? また、お布施の相場はいくらくらいですか?

 

ご存知のように、葬儀で僧侶に渡す「お布施」には、決まった料金設定があるわけではありません。「感謝の気持ちによって金額が変わる」というのがお布施の建前(たてまえ)で、そのつど、いくら包むか考えないといけないのが困ったところです。

 

とはいえ、お布施にも、おおよその「相場」というものがあります。相場価格より多く払うのは無駄なことですし、相場価格より少なく払うと「非常識だ!」と思われてしまうでしょう。

 

ということで、ここでは、お布施の内容と相場についてお話しします。損しないために、そして恥をかかないためにも、ぜひ参考にしてください。

 

 

【1】お布施の相場はいくらか?

 

一般財団法人 日本消費者協会の統計によると、お布施の総額の相場は「約50万円」だそうです。

 

読経料と戒名料が90%ほどを占めており、あとは、お車代やお膳料、心づけなどになります。それらをすべて含めたものがお布施と呼ばれる費用になります。

 

一般葬お布施の具体的な内容(内訳)は次のようになります。

 

「読経料」の相場

一般葬の場合で15万円程度
通夜、告別式、火葬の儀などで、僧侶にお経を読んでもらうための費用です。読経1回5万円くらいのイメージで考えておくといいでしょう。

 

「戒名料」の相場

戒名ランクが低い場合で2〜5万円程度
戒名ランクが高い場合で20〜25万円程度
亡くなった人には、戒名という仏様としての名前をつけることになっています。戒名がないとお墓に納骨させてもらえないので、いわゆる「手元供養」以外では、必ず必要になると考えてください。

 

「お車代」の相場

5千円程度
斎場や火葬場までの移動費として、お布施に含めるお金です。他県からわざわざ来てもらった場合などには、実費相当額プラスアルファの金額を、通常の御布施とは別の封筒で渡すのがいいと思います。(交通費をきちんと支払ったという事実を明確にするため。)

 

「御膳料」の相場

5千円から1万円程度
通夜の後の通夜振る舞いや、告別式後の精進落としなどで、僧侶が辞退された場合に支払うものです。

 

「心づけ」の相場

5千円から1万円程度
心づけはチップなので任意で支払うものです。

 

冒頭で、お布施の全国平均は「50万円」という話をしました。しかし、あくまで「平均値」なので、それより高く払ってる人もいれば、安く払っている人もいます。

 

財力のある人は数百万円をポンッと払ったりするので、平均値が高くなっていますが、我々一般庶民の感覚としては「20〜35万円」くらいが、お布施の目安になると考えていいでしょう。

 

御布施の相場は?

 

ちなみに、お布施は、「現場」で「現金」で支払わなければいけない費用です。他の費用は後回しでもいいですが、少なくともお布施だけは、葬儀までに急ぎで用意しておきましょう。

 

【2】宗派別!戒名の相場

 

戒名料は、「宗派」と「戒名ランク」によって変わってきます。そこで、それぞれの組み合わせごとに、戒名料の相場価格をまとめてみます。

 

「天台宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
居士・大姉 5〜10万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

「真言宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
居士・大姉 5〜10万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

「浄土宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
居士・大姉 5〜10万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

「浄土真宗」の戒名の相場
釋(しゃく)・釋尼 2〜5万円
院釋・院釋尼 15〜20万円

 

「曹洞宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
居士・大姉 5〜10万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

「臨済宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
居士・大姉 5〜10万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

「日蓮宗」の戒名の相場
信士・信女 2〜5万円
院信士・院信女 5〜10万円
院信士・院信女 15〜20万円
院居士・院大姉 20〜25万円

 

戒名料については、僧侶にストレートに「いくらですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。戒名ランクごとに、それぞれいくらか聞いてみるわけです。

 

このとき、相場価格よりもあきらかに高すぎるお布施を請求されたら、勇気を持って交渉することも大切です。

 

高すぎる御布施を請求されたら?

 

もしかすると、あなたのことを「お金持ち」や「信心深い人」と勘違いし、どこまで出せるか、こちらの財力を探ってるのかもしれません。

 

無理なものは無理と言っておかないと、四十九日法要や一周忌など、将来的にも高めのお布施を請求される危険性があります。何事も最初が肝心ということです。

 

【3】定額のお坊さん派遣サービスならお布施が安くすむ

 

菩提寺がある場合は別ですが、「菩提寺がない」「特定の寺院と付き合いがない」ということであれば、定額プランのお坊さん派遣サービスを利用するといいです。

 

定額のお坊さん派遣サービス(例)
https://obousan.minrevi.jp/

 

リンク先のページを見ていただくとわかるように、料金の中に「読経料」「お車代」「御膳料」「心づけ」が全て入っています。葬儀の現場で追加料金は一切発生しません。

 

戒名が必要な場合には、申込みフォームで「戒名の授与を希望する」にチェックを入れてください。すると、宗派と戒名ランクに応じた費用が設定されます。

 

葬儀費用,定額のお坊さん派遣サービス

 

基本プランの料金に含まれるもの
  • 宗派指定
  • お坊さんの交通費
  • 御膳料
  • 心付け
  • 本位牌開眼
  • 仏壇開眼
  • 仮位牌引き取り・お焚き上げ
  • 墓石開眼
  • 納骨供養
戒名が必要な場合
  • 宗派・戒名ランクに応じた金額を明確に教えてもらえる

 

あとは、葬儀の後に、僧侶にその金額だけを包んで手渡しましょう。その他の費用は一切かかりません。

 

お布施というのは、価格設定がよくわからないので、トラブルに発展するケースも少なくないと聞きます。ですが、定額のお坊さん派遣サービスであれば、費用が明確なので、とても安心です。便利なので、利用してみてください。


このページの先頭へ戻る