【葬儀お助けコラム】よくある質問や役立つ情報をまとめました!記事一覧

貯金がなくて葬儀費用が出せない場合は、どうすればいいですか?葬儀には、かなり多額のお金が必要になります。ある統計データによると、全国平均で200万円ほどかかるとも言われています。そんななかで、身内が突然亡くなった場合、どうしても葬儀費用が出せないというケースもありえるでしょう。そんな場合には、どうすればいいでしょうか?【1】故人の貯金を先に下ろしておく身内で葬儀代を支払うのが不可能な場合は、故人が...

葬儀費用が見積もりより高くなるのを防ぐための注意点は何ですか? もし、葬儀費用が、最初の見積より大幅に高くなった場合は、返金してもらうことはできますか?当初の打ち合わせでは、予算に合わせた見積もりをもらっていたのに、葬儀が終わって請求書を見ると、めちゃくちゃ高くなっていたというケースをよく耳にします。知らないうちにオプションを追加されて(グレードアップさせられて)、追加料金が発生してしまっているわ...

お布施の内訳は、どのようなものがありますか? また、お布施の相場はいくらくらいですか?ご存知のように、葬儀で僧侶に渡す「お布施」には、決まった料金設定があるわけではありません。「感謝の気持ちによって金額が変わる」というのがお布施の建前(たてまえ)で、そのつど、いくら包むか考えないといけないのが困ったところです。とはいえ、お布施にも、おおよその「相場」というものがあります。相場価格より多く払うのは無...

参列者に対する「返礼品」や香典に対する「香典返し」は、どのようなものをお渡しすればいいのでしょうか? また、それらの費用の相場は、いくらくらいですか?葬儀の参列者やお香典をくださった方には、返礼品や香典返しをするのがマナーです。返礼品やお香典返しの費用の相場は、地域によって、そして個人的な考え方・事情によっても変わってきます。とはいえ、目安となる金額があった方が、わかりやすいですよね? そこで、返...

心付けは渡さないとダメなんでしょうか?葬儀の中で、僧侶や葬儀社スタッフなどに「心づけ」を渡す人も多いです。心づけとは、チップや寸志ともいわれるもので、気持ちで渡すものです。つまり、心付けは、必ず渡さなければいけないものではありません。とは言っても、常識がないと思われるのもイヤですし、やはり気になるものではあります。ということで、ここでは、心づけについて詳しくお話ししましょう。【1】「心づけ」の相場...

お寺に支払った金額について。葬儀社の人が「このくらいが一般的です」と言った金額を包みましたが、今になって考えると、本当に一般的な金額だったのか疑問に思ってしまいます。ちなみに、読経料と戒名料として70万円ほど、お車代などで2万円ほど包みました。お寺に支払うお金(いわゆるお布施)の相場については、別の記事で詳しくお話ししています。なので、そちらを読んでいただいて、実際に支払った金額と、一般的な相場を...

お布施に決まった料金表がないのはなぜですか? 料金表さえあれば安心できるのですが、料金表がないといくら取られるかわからず不安です。お布施に料金表がない理由は、料金表を作ってしまうと、お寺の収入が減ってしまうからです。【1】お布施の価格競争に発展する例えば、お寺Aが、次のような料金表を作ったとしましょう。お寺Aの料金表読経料・・・50万円戒名料・・・100万円この場合、読経のみの依頼だと「50万円」...

今回、あなたが行う(かもしれない)葬儀ですが、費用は誰が払うことになっているでしょうか? かなり大きな金額が動くので、最初にはっきりさせておかないといけません。喪主が支払いをするのが一般的世間一般的には、葬儀費用は喪主が負担するケースが多いです。喪主は誰が務めるかというと、もちろん一概に言えないのですが、たとえば次のような順番で決められることが多いようです。喪主は誰が務めるか?配偶者長男など直系男...

このページの先頭へ戻る