【葬儀後の手続き5-3】児童扶養手当認定請求書の申請

葬儀後の手続き,児童扶養手当

 

児童扶養手当とは?

 

お父さん、お母さんが亡くなったお子さんには、申請すれば「児童扶養手当」が支給されます。お父さんが亡くなった場合でも、お母さんが亡くなった場合でも、両親とも亡くなった場合でも支給対象となります。

 

支給される目的は、母子家庭などの生活安定のため、そして子供自身が将来的に自立して生きていけるように支援するためです。

 

児童扶養手当で支給される金額は?

 

実際に支給される金額は、条件によって細かく規定があります。また、頻繁に変更もあります。そのため、このページで詳細な金額を記載するのはやめておきます。

 

詳細は、お住まいの市区町村のホームページに記載されているはずです。ネットで検索していただいて、そちらを参照するようにしてください。

 

ちなみに、支給額のおおまかな目安だけ示しておくと、次のようになります。(家庭の所得額などによっても変わります。)

 

  • 児童1人の場合 月額最大4万円程度
  • 児童2人目の加算額 月額最大1万円程度
  • 児童3人目以降の加算額 月額最大5千円程度

 

申請すれば、月々数万円が受け取れるんだなと思っていただければ、とりあえず大丈夫です。詳細は、お住まいの市町村に問い合わせてください。

 

児童扶養手当の請求のしかた

 

児童扶養手当を受け取るには、お住まいの市区町村に、申請書を提出する必要があります。書式は市区町村の窓口でもらってください。

 

必要書類には次のようなものがあります。

 

  • 戸籍謄本
  • マイナンバーカード
  • 預金通帳(振込を希望する口座)
  • その他(詳細は市区町村にご確認ください)

 

お子さんがいらっしゃる場合には、児童扶養手当の手続きを忘れずにするようにしてください。教育費などの足しになれば、助かりますね。

 

 

児童扶養手当認定請求書の申請のまとめ
対象者

お父さん・お母さんが亡くなられたお子さん

期限

特になし(なるべく早めに)

手続き先

お住まいの市町村役場

備考

戸籍謄本や預金通帳など必要になります。詳細については、市町村役場のホームページをご確認ください。

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る