【葬儀後の手続き5-1】死亡退職届の提出

葬儀後の手続き,死亡退職届

 

死亡退職届とは?

 

亡くなられた方が、どこかの企業にお勤めだった場合には、その企業に本人が亡くなったことを連絡してください。そのうえで、死亡退職届の提出が必要になります。

 

死亡退職届を提出するときに、社員証、社員バッジ、制服、スマホ、パソコン、各種備品など、返却すべきものがあれば返却しましょう。

 

死亡退職届の手続きの詳細については、各企業の担当部署に確認して、指示に従うようにしてください。

 

なぜ死亡退職届が必要か?

 

死亡退職届を提出する目的は、賃金の支払いなどに必要となるからです。死亡退職日までの未払い賃金を支払ったり、社会保険料などの支払いにも関係してきたりするわけです。

 

未払い賃金が残ったままでは、遺産相続の手続きにも影響してきます。なので、葬儀が終わったら、なるべく早い段階で、死亡退職届の手続きを済ませるようにしてください。

 

 

住民票変更手続きのまとめ
対象者

故人が企業にお勤めだった場合

期限

すみやかに

手続き先

故人がお勤めだった企業の担当部署

備考

手続きの詳細は企業の担当者に確認してください

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る