【葬儀後の手続き4-8】死亡一時金の受給手続き

葬儀後の手続き,死亡一時金の受給手続き

 

死亡一時金とは?

 

死亡一時金とは、保険料(国民年金保険、厚生年金保険)を3年以上納めている人が亡くなった場合に、その人と生計を同一にしていた遺族に対して支払われるお金です。

 

支払われる金額は、保険料を納めてきた期間によって規定があり、12〜32万円まで幅があります。一時金なので、金額自体は多くありませんが、葬儀費用などの足しにはなるでしょう。

 

死亡一時金の受給手続き方法

 

死亡一時金の受給手続きは、お住まいの地域の市区町村役場で行ってください。もしお近くに年金事務所がある場合には、そちらで手続きすることもできます。

 

まず役場等の窓口で、死亡一時金の請求書の書式をもらってください。そちらに必要事項を記入して、その他の必要書類と合わせて提出することで手続きできます。

 

必要となる書類には次のようなものがあります。

 

  • 年金手帳(故人の)
  • 戸籍謄本(故人と請求者の関係がわかるもの)
  • 住民票(故人と同一生計であることの確認)
  • 受け取り希望の預金通帳
  • 印鑑

 

死亡一時金の請求は、死亡後2年以内に行ってください。とはいえ、2年後では忘れてしまう可能性があるので、早め早めで手続きするようにしましょう。

 

 

死亡一時金の受給手続きのまとめ
対象者

故人が3年以上健康保険(協会けんぽ)を支払っていた場合の、生計を同一にしていた遺族

期限

死亡後2年以内

手続き先

お住まいの地域の市区町村役場(あるいは年金事務所)

備考

必要書類

  • 年金手帳(故人の)
  • 戸籍謄本(故人と請求者の関係がわかるもの)
  • 住民票(故人と同一生計であることの確認)
  • 受け取り希望の預金通帳
  • 印鑑

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る