【葬儀後の手続き3-5】介護保険資格喪失届

葬儀後の手続き,介護保険資格喪失届

 

介護保険とは?

 

介護が必要な人を、金銭的に支援するための保険制度が「介護保険」です。介護が必要と認定された人は、介護サービスを原則1割の自己負担で受けることができます。(残りの9割を介護保険でカバーする仕組みです。)

 

ちなみに、40歳以上の人はみなさん、「介護保険料」というものを毎月支払っています。(気づいてないかもしれませんが。)つまり、40歳以上になると、強制的に介護保険の被保険者になるわけです。

 

介護保険の被保険者には2段階あります。

 

  • 第1号被保険者:65歳以上の人、あるいは要介護認定を受けた人
  • 第2号被保険者:40歳以上65歳未満の人

 

第1号被保険者になると、「介護保険被保険者証(保険証)」が交付されます。この保険証を持っている人は、介護サービスを原則1割の費用で利用できるというわけです。

 

介護保険資格喪失届の手続き

 

第1号被保険者の人が亡くなった場合には、14日以内に「介護保険被保険者証(保険証)」を返却しないといけません。お住まいの地域の市町村役場に行って、手続きをしてください。

 

 

介護保険資格喪失届のまとめ
対象者

故人が「介護保険被保険者証(保険証)」を交付されていた場合

期限

死後14日以内

手続き先

お住まいの地域の市町村役場

備考

「介護保険被保険者証(保険証)」を忘れずに持っていきましょう。

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る