【葬儀後の手続き3-4】国保以外の健康保険の被扶養者異動届

葬儀後の手続き,健康保険の被扶養者異動届

 

国保以外の健康保険とは?

 

国保(国民健康保険)というのは、サラリーマン・公務員以外が加入している健康保険です。一方で、国保以外の健康保険というのは、サラリーマン・公務員が加入している社会保険(協会けんぽなどが運営)です。

 

従業員を抱える企業は、法律によって強制的に社会保険に加入しています。そのため、どこかの企業にお勤めするサラリーマンは、自動的に社会保険に加入することになるわけです。

 

社会保険の被扶養者異動届とは?

 

サラリーマンが加入している社会保険は、その人が勤めている企業を経由して加入しているものです。なので、その人が死亡したり、退職したりした場合には、社会保険から名義を外す手続き(被扶養者異動届)が必要になります。

 

一般的には、葬儀後に「死亡退職届」を企業に提出することで、その企業の担当者が手続きを進めてくれます。

 

 

国保以外の健康保険の被扶養者異動届のまとめ
対象者

故人が国保以外の健康保険(社会保険)に加入していた場合

期限

死後5日以内

手続き先

故人が勤務していた会社

備考

葬儀後すみやかに「死亡退職届」を企業に提出しましょう。具体的な手続き方法については、企業の担当者と打ち合わせてください。

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る