所得税の準確定申告とは?所得税の準確定申告というのは、亡くなった故人の代わりに確定申告することです。亡くなってまで確定申告しないといけないというのも、なんだかビックリしてしまいますね。ちなみに、確定申告が必要な人は、個人事業主とか、副業をやってるサラリーマンとか、株やFXなどで収益が出ている人などです。故人が確定申告が必要ない人の場合は、準確定申告も必要ありません。準確定申告の期限について準確定申...

相続税とは?故人から相続する遺産(資産)には、相続税という税金がかかります。相続税の対象となるのは、預貯金、不動産、株式、負債など、いろいろあります。全てをもれなく集計して、税務署に申告・納税しなければなりません。もし、集計漏れがあると、税務署から指摘を受けて、過少申告加算税などを求められる場合があります。基本的に誤魔化すことは不可能と思ってください。相続税の申告・納税期限について相続税の申告・納...

国民健康保険とは?「国民健康保険」というのは、個人事業主などが加入している健康保険です。運営母体は、お住まいの地域の市町村になります。前年の収入をもとに毎月の支払額が決まり、口座引落などで支払います。国民健康保険の保険証一方で、サラリーマンや公務員などが加入している「社会保険」というのもあります。これの運営母体は、協会けんぽなどになります。実際に支払われているお給料をもとに支払額が決まり、給料天引...

国保以外の健康保険とは?国保(国民健康保険)というのは、サラリーマン・公務員以外が加入している健康保険です。一方で、国保以外の健康保険というのは、サラリーマン・公務員が加入している社会保険(協会けんぽなどが運営)です。従業員を抱える企業は、法律によって強制的に社会保険に加入しています。そのため、どこかの企業にお勤めするサラリーマンは、自動的に社会保険に加入することになるわけです。社会保険の被扶養者...

介護保険とは?介護が必要な人を、金銭的に支援するための保険制度が「介護保険」です。介護が必要と認定された人は、介護サービスを原則1割の自己負担で受けることができます。(残りの9割を介護保険でカバーする仕組みです。)ちなみに、40歳以上の人はみなさん、「介護保険料」というものを毎月支払っています。(気づいてないかもしれませんが。)つまり、40歳以上になると、強制的に介護保険の被保険者になるわけです。...

健康保険証の返却について葬儀が終わったら、すみやかに健康保険証の返却手続きを行いましょう。故人が国民健康保険(国保)に加入していた場合は、お住まいの地域の市町村役場に行って返却してください。一方で、故人が社会保険(協会けんぽ)に加入していた場合には、企業の担当者に返却しましょう。介護保険資格喪失届のまとめ対象者健康保険証を持つ人が亡くなった場合期限葬儀後すみやかに手続き先国民健康保険:お住まいの地...

年金手帳の返却について葬儀後、なるべくすみやかに、年金手帳の返却手続きをしてください。手続きは、お住まいの地域の市町村役場で行います。年金手帳があるかどうか、故人の持ち物を整理して、探してみてください。もし見当たらない場合も、すぐに市町村役場に相談するようにしてください。介護保険資格喪失届のまとめ対象者年金手帳を持つ人が亡くなった場合期限葬儀後すみやかに手続き先お住まいの地域の市町村役場備考老齢年...

このページの先頭へ戻る