【葬儀後の手続き2-7】電話加入権の名義変更

葬儀後の手続き,電話加入権の名義変更

 

電話加入権とは?

 

電話加入権とは、電話回線を利用する権利のことです。いわゆる「固定電話」の回線を利用するには、電話加入権を購入する必要があります。

 

例えば、大学に入学するために、親元を離れて、一人暮らしをはじめるとしましょう。このときに、一人暮らしの部屋に固定電話を置こうと思うと、電話加入権を購入する必要があるわけです。

 

電話加入権の金額

 

この電話加入権ですが、以前は1権利あたり8万円ほど(※1回払い切り)かかっていました。それが、現在では4万円ほどにまで下がってきていて、将来的には廃止されるのではないかと言われています。

 

ですが、現時点ではまだ、電話加入権を持っていないと、固定電話を利用することができません。固定電話を使いたいのであれば、電話加入権が絶対に必要ということです。

 

電話加入権の名義変更手続きについて

 

電話加入権は、名義変更すれば、引き継ぐことができます。つまり、故人が持っていた電話加入権を、引き継ぐことができるということです。

 

わざわざ新規に電話加入権を購入すると、数万円支払わないといけません。ですが、故人の電話加入権を引き継げば、費用は一切かからないというわけです。

 

電話加入権の名義を引き継ぐには?

 

名義変更の手続きについて説明します。まずは、NTTのホームページから「承継・改称届出書」の書式をダウンロードしましょう。それを印刷してから、必要事項を記入して捺印します。

 

あとは、故人と相続人の関係を証明できる資料(戸籍謄本など)を添えて、NTTの加入権センターに郵送してください。承認後、受付完了の案内があれば、手続完了となります。

 

  1. NTTのホームページにアクセス(東日本西日本
  2. 「承継・改称届出書」の書式をダウンロード
  3. 必要事項を記入して捺印
  4. 戸籍謄本などを用意(故人との関係がわかる資料)
  5. NTTの加入権センターに郵送
  6. NTTにて審査・手続き
  7. 手続完了の案内があって完了

 

お住まいの地域によって、NTT東日本か、NTT西日本かが変わるので注意してください。

 

電話加入権の継続使用 or 休止

 

最近では固定電話を置かない家庭も増えてきているようです。そのため、わざわざ名義変更の手続きをするかどうか、迷ってしまうご家庭もあるかと思います。

 

ですが、せっかく故人が電話加入権を持っていたのであれば、そのまま引き継ぐのが一般的ではないでしょうか。あとになって、やっぱり必要だったと後悔しないとも限らないので。

 

ただし、電話加入権を持っていると、固定電話を持っていなくても、月々の基本料が発生します。そのため、もし固定電話を一切使わないのであれば、基本料金が無駄になってしまいます。

 

そこで、最近では、電話加入権の「休止」の手続きをする人も多いようです。5年間休止することができて、その間は基本料もかかりません。

 

なので、固定電話を置かない場合でも、とりあえず名義変更の手続きをして、ついでに5年間休止の手続きもしてみてはいかがでしょうか。その5年間にまったく不都合がなかったなら、そのときあらためて電話加入権を手放せばいいでしょう。

 

 

電話加入権の名義変更手続きについてまとめ
手続きの概要

電話加入権の名義を変更する手続きです。

期限・時期

すみやかに

手続き方法

管轄のNTT営業所に所定の書類を提出します。

必要なもの

・承継・改称届書(※1)
・戸籍謄(抄)本(※2)
・相続人の捺印

 

※1 書式はホームページからダウンロード
※2 旧契約者と相続人の関係が分かるもの
※3 「承継」とは、前の世代から次の世代に引き継ぐことをいいます。

関連リンク

NTTのホームページに細かい手順が書かれているので参考にしてください。分かりにくい場合は、サポートセンターに電話で問い合わせてください。

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る