【葬儀後の手続き2-2】携帯電話の解約|スマホ、ガラケー

葬儀後の手続き,携帯電話の解約

 

故人の携帯電話(スマホ等)の解約について

 

携帯電話の解約手続きは簡単です。それぞれの携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)のショップに行って、本人が亡くなったことを伝えれば、解約手続きをしてもらえます。

 

あるいは、サポートセンターに電話して、手続きしてもらうこともできます。サポートセンターの電話番号等については、各携帯キャリアのホームページを参照してください。

 

故人の携帯電話(スマホ等)を解約する前に

 

故人の携帯電話の解約手続きをする前に、いくつか注意点があるのでお話ししておきます。

 

1.写真を保存する

 

特にスマホの場合ですが、故人が大量に写真を撮っているかもしれません。その中には、思い出に残るような写真も含まれているかもしれないですよね。

 

なので、解約手続きをする前に、写真を全部バックアップしましょう。バックアップする方法は、いろいろあります。外部サーバー(クラウド)に保存する方法や、ご自宅のパソコンに保存する方法などです。

 

外部サーバー(クラウド)に保存するなら

 

Androidのスマホであれば「Googleフォト」というアプリをスマホにインストールするといいです。iPhoneなら「iCloud」を利用するのがいいでしょう。

 

ただし、故人のアカウントにログインできなくなってしまうと、せっかくバックアップしても取り出せなくなってしまいます。また、外部サービスなので、サービス終了したり、データが消えてなくなるリスクもあります。なので、長期間保存するには向いていません。

 

自宅のパソコンに保存するなら

 

もしパソコンをお持ちなら、パソコンに写真を保存しましょう。やり方は簡単で、スマホとパソコンをケーブルでつなぐだけです。(何らかの理由でうまくいかない場合は、詳しい人に相談してください。)

 

これでパソコンにバックアップできますが、ご存知のように、パソコンというのは突然壊れます。パソコンが壊れるとデータも取り出せなくなるので、もうひとつバックアップをとっておくべきです。

 

一番いいのは、外付けのハードディスクを用意して、パソコン以外の場所にも写真のデータを残しておくこと。故人の写真(動画)のバックアップのみの使用であれば、1TB(いちてらばいと)程度の容量のもので十分でしょう。

 

あるいは、専用の機材を持ってる人であれば、DVDに焼く(書き込む)方法などもあります。保存方法はいろいろあるので、身近に詳しい人がいるなら、教えてもらってください。

 

2.登録されているアドレスを保存する

 

故人のスマホに登録されているアドレス(電話番号、メールアドレスなど)は、故人の交友関係を表すものです。もしかすると、故人が亡くなったことについて、一報入れたほうがいい人が含まれているかもしれません。

 

消してしまうと連絡したくてもできなくなります。登録されているアドレスなどは、必要に応じてメモを取るなどしておくといいでしょう。

 

 

携帯電話(スマホなど)の解約についてまとめ
手続きの概要

故人が契約していた携帯電話を解約する手続きです。

期限・時期

すみやかに

手続き方法

契約している携帯電話会社の営業所などで手続きします。

必要なもの

・本人の死亡を確認できるもの(※1)
・SIMカード(※2)
・あなたの本人確認書類(※3)

 

※1 葬儀の案内状や死亡診断書など
※2 携帯機器に挿している小さいカード
※3 運転免許証など

関連リンク

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る