【葬儀後の手続き2-1】クレジットカードの解約

葬儀後の手続き,クレジットカードの解約

 

クレジットカードの解約について

 

葬儀が終わったら、故人が使っているクレジットカードを解約しましょう。ただし、解約するタイミングについては注意が必要です。

 

というのも、故人のクレジットカードで、生活で必要なサービス(公共料金、インターネット、携帯料金など)の「自動支払い」をしている場合に、支払いができなくなってしまう可能性があるからです。

 

自動支払設定の確認

 

なので、クレジットカードを解約する前に、そのクレジットカードの毎月の使用状況を確認してください。そして、自動支払いに使われているものがないか、確認しましょう。

 

当然ですが、故人のクレジットカードに紐付いた、家族カードも使えなくなってしまいます。なので、家族カードの利用状況も忘れずにチェックしてください。

 

新しいクレジットカードを用意する

 

利用状況を確認したら、遺族名義の新しいクレジットカードを作りましょう。つまり、自動支払設定されているものを、新しいクレジットカードに切り替えるわけです。

 

クレジットカードはいろいろなものがありますが、個人的におすすめは楽天カードです。申し込みが簡単で、印鑑も必要ありません。しかも、ポイント還元率が高いのでおトクです。

 

もし、クレジットカードの審査が厳しいようであれば、デビットカードを作るという手もあります。デビットカードは一般に審査がないので、クレジットカードが作れない人でも作ることができます。

 

ここまで準備が整ったら、故人のクレジットカードの解約手続きを勧めてください。

 

クレジットカード解約手続きについて

 

クレジットカードの解約手続きは簡単です。カードの裏面にオペレーションセンターの連絡先が書かれているので、電話してください。

 

カード会社によっては、死亡診断書などの提出を求められる場合もあります。その場合には、指示に従って書類を提出してください。

 

 

クレジットカードの解約についてまとめ
手続きの概要

故人が所有していたクレジットカードを解約する手続きです。

期限・時期

すみやかに

手続き方法

契約しているクレジットカード会社に連絡して、そのカードを凍結してもらいます。必要書類がある場合は、指示に従ってください。クレジットカード会社の連絡先は、クレジットカードの裏面に記載されています。

必要なもの

一般的には、電話で解約の意思を伝えるだけでOKです。何か書類が必要な場合は、クレジットカード会社の指示に従ってください。

 

 


葬儀後の手続きのカテゴリー
  1. 遺産・相続
  2. 生活上の契約
  3. 税金・保険・年金
  4. 給付金
  5. その他の手続き

葬儀の基礎知識のトップページに戻る

※税理士、司法書士、弁護士、手続代行などのワンストップサービス


このページの先頭へ戻る