クレジットカードの解約について葬儀が終わったら、故人が使っているクレジットカードを解約しましょう。ただし、解約するタイミングについては注意が必要です。というのも、故人のクレジットカードで、生活で必要なサービス(公共料金、インターネット、携帯料金など)の「自動支払い」をしている場合に、支払いができなくなってしまう可能性があるからです。自動支払設定の確認なので、クレジットカードを解約する前に、そのクレ...

故人の携帯電話(スマホ等)の解約について携帯電話の解約手続きは簡単です。それぞれの携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)のショップに行って、本人が亡くなったことを伝えれば、解約手続きをしてもらえます。あるいは、サポートセンターに電話して、手続きしてもらうこともできます。サポートセンターの電話番号等については、各携帯キャリアのホームページを参照してください。故人の携帯電話(スマホ等)を解約す...

電気料金の名義変更について電気料金の名義人が亡くなった場合には、葬儀後に名義変更が必要になります。お住まいの地域の電気会社に連絡して、名義変更の手続をしてください。ただし、名義変更の前に、支払い用の銀行口座やクレジットカードが用意できている必要があります。なので、先にそちらの準備を済ませてから、電気会社のコールセンター等に連絡するようにしてください。【葬儀後の手続き1-1】預貯金の名義変更【葬儀後...

ガス料金の名義変更についてガス料金の名義人が亡くなったら、名義変更の手続きが必要になります。葬儀が終わったら、なるべくすみやかに、ガス会社に連絡するようにしてください。注意点としては、故人名義の銀行口座やクレジットカードが使えなくなることです。なので、しばらくは、請求書を発行してもらってコンビニで支払うか、別の名義の銀行口座やクレジットカードを用意する必要があります。【葬儀後の手続き1-1】預貯金...

水道料金の名義変更について故人の名義で水道の契約をしていたのであれば、名義人の変更が必要になります。葬儀が終わったら、忘れないうちに名義変更の手続きをしてください。ここで注意したいのが、故人名義の銀行口座が、いったん凍結されてしまうことです。銀行口座が凍結されてしまうと、自動引き落としができなくなってしまいます。クレジットカードで支払っている場合も同様です。クレジットカードで支払っている場合には、...

NHKの契約の名義変更について故人の名義でNHKの契約をしているなら、名義人の変更手続きをしてください。ただし、その際に、名義人を変更するだけでなく、自動引き落としの銀行口座も変更することを忘れないようにしましょう。故人の銀行口座は、故人が亡くなったことを銀行が把握した時点で、即時凍結されてしまいます。そうなると、自由に引き出すこともできませんし、自動引落もできなくなってしまいます。なので、新しく...

電話加入権とは?電話加入権とは、電話回線を利用する権利のことです。いわゆる「固定電話」の回線を利用するには、電話加入権を購入する必要があります。例えば、大学に入学するために、親元を離れて、一人暮らしをはじめるとしましょう。このときに、一人暮らしの部屋に固定電話を置こうと思うと、電話加入権を購入する必要があるわけです。電話加入権の金額この電話加入権ですが、以前は1権利あたり8万円ほど(※1回払い切り...

運転免許証は返納しないといけないのか?運転免許証は、住民票や戸籍謄本などと連動していません。そのため、本人が亡くなったとしても、亡くなったことを警察に届け出なければ、その免許証は有効なままです。そして、もし、そのまま放置しておくと、次の更新のタイミングまで有効な状態が続きます。ただし、本人がいなければ更新はできないので、このタイミングでようやく期限切れで無効になります。故人の運転免許証を返納しない...

故人のパスポートは返却すべきか?故人のパスポートは、できれば返却したほうがいいです。正確には、返却ではなくて「失効手続き」になります。つまり、故人の写真がついたパスポートは手元に残りますが、表紙にパンチ穴があけられて、使えなくなるということです。法律的に失効手続きが必要かどうかというと、故人のパスポートを「遺族が失効手続きしないといけないという規定」はないようです。つまり、放置しておいても、遺族に...

このページの先頭へ戻る