【法要の段取り1】繰り上げ初七日法要

葬儀,初七日法要

 

本来、初七日法要は故人が亡くなってから七日目に行う法要です。しかし最近では、葬儀の当日に繰り上げて初七日法要を行なうのが一般的です。そこには、ちゃんとした理由があります。

 

ここでは、繰り上げ初七日法要についてお話しします。

 

 

【1】初七日法要とは?

 

法要とは、故人の供養をするための儀式です。仏式では、故人が亡くなってから四十九日まで七日ごとに、供養のための法要が行なわれます。

 

ちなみに、四十九日まで七日ごとに行なわれる供養法要を「中陰法要」と言います。中陰とは、陰陽の間という意味で、四十九日までの故人の魂が、この世で話もあの世でもない中間に存在することを表す言葉なんだそうです。

 

そして、中陰法要で一番最初に行なわれるのが、故人が亡くなってから七日目に行なわれる「初七日法要」というわけです。

 

【2】繰り上げ初七日法要とは?

 

繰り上げ初七日法要とは、七日目に行なうはずの初七日法要を繰り上げて、火葬のあとに行なう法要です。

 

本来の初七日法要は、故人が亡くなってから七日目に行なっていました。しかし、近年の傾向では、繰り上げて葬儀当日の火葬後に、初七日法要を行なうのがほとんどです。

 

葬儀当日に初七日が行われる背景には、遺族も近親者も二度仕事を休まなければいけない、忙しいなどの理由があります。遠方の親族の負担を軽減して、合理的に行いたいという事情があるわけです。

 

【3】「7日」の数え方は?

 

初七日法要の7日の数え方は、故人が亡くなった日から数えます。仏式では亡くなった日に7を足した日が、初七日だと言われています。

 

初七日の数え方

 

ということはつまり、葬儀が逝去日から3日後に行われた場合、1週間もしないうちに初七日法要をしなければいけません。あまりにも慌ただしいスケジュールになってしまうわけです。

 

現代人は仕事なども忙しく、親族が遠方で暮らしている場合も参列が難しくなります。そのため、繰り上げ初七日法要が一般的になりました。

 


葬儀の流れと手続きのカテゴリー
  1. 危篤
  2. 臨終
  3. 葬儀の準備
  4. 通夜
  5. 葬儀・告別式
  6. 火葬
  7. 法要

葬儀の基礎知識のトップページに戻る


このページの先頭へ戻る