葬儀の流れと手続き7 法要記事一覧

本来、初七日法要は故人が亡くなってから七日目に行う法要です。しかし最近では、葬儀の当日に繰り上げて初七日法要を行なうのが一般的です。そこには、ちゃんとした理由があります。ここでは、繰り上げ初七日法要についてお話しします。【1】初七日法要とは?法要とは、故人の供養をするための儀式です。仏式では、故人が亡くなってから四十九日まで七日ごとに、供養のための法要が行なわれます。ちなみに、四十九日まで七日ごと...

精進落としも、昔と今では(意味合いは同じでも)内容が少し違います。精進落としについてご説明します。【1】精進落としとは?精進落としとは、もともと、故人が亡くなって四十九日までの中陰期間が過ぎてから、魚や肉などの料理を振る舞うことを指していました。「忌中ばらい」や「精進落ち」「精進上げ」という言い方もされます。しかし、現代の傾向としては、火葬中に行なわれる会食会を精進落としと言っています。忙しい現代...

火葬後は、故人のお骨を持って葬儀場かお寺、自宅に戻り、還骨法要を行ないます。精進落とし終了で、ホッとしている頃ですが、最後までしっかり供養をしてあげましょう。ここでは、還骨法要について詳しくお話しします。【1】還骨法要とは?還骨法要とは、骨上げ終了後に、葬儀場(あるいはお寺、自宅)に戻り、もう一度行なう法要です。法要の際は、設置していた後飾り祭壇に遺骨・お位牌・遺影を並べて、その前で僧侶による読経...

自宅の後飾り祭壇に安置された遺骨は、四十九日の喪明けを節目として納骨されるのが一般的です。ここでは、納骨について詳しくお話しします。【1】納骨には2つの捉え方がある納骨は、「故人の遺骨をお墓に納める儀」として捉えられています。しかし、もうひとつの捉え方もあります。それは、「火葬後の骨上げにより骨壷に遺骨を納める儀」です。故人の遺骨をお墓に納める儀火葬後の骨上げにより骨壷に遺骨を納める儀いずれも骨を...

このページの先頭へ戻る