【火葬の段取り1】納めの式

葬儀,火葬,納めの式

 

告別式が終わり、火葬場に遺体が搬送されると、故人の火葬が行なわれます。火葬に移るまでに、遺族と近親者だけで僧侶の読経による「納めの式」という法要をします。

 

遺族や近親者にとって、納めの式で本当に最後のお別れとなります。

 

 

【1】納めの式の流れ

 

納めの式は次の手順で厳かに進められていきます。

 

  1. 搬送された棺を火葬炉の前の焼香台近くに安置
  2. 棺の前の台に、お位牌と遺影を置く
  3. 僧侶による読経
  4. 遺族による焼香(最後の別れ)
  5. 合掌にてお見送り
  6. 棺を火葬炉に納めて火葬開始

 

このような流れで、故人との最後のお別れをします。火葬のときは、通夜や告別式よりも別れの悲しみが込み上がってくるかもしれません。

 

これで本当に最後のお別れとなるため、遺族としては最も大切にしたい儀式ではないでしょうか。

 

僧侶に読経を依頼すると、当然のことながらお布施が発生します。最近では簡略化して、納めの式を行わないケースも増えているようです。

 

【2】火葬許可証を忘れないように

 

遺体の火葬をするには、必ず「火葬許可証」が必要です。故人が亡くなった病院で受け取った、死亡診断書と死亡届を役所に提出すると、火葬許可証が発行されます。

 

【葬儀の流れ3-4】死亡届を提出し、火葬許可証を申請する

 

火葬の当日になって、うっかり火葬許可証を忘れてしまう人もいるそうです。くれぐれも注意してください。火葬場に着くと、火葬許可証をまず提出しますが、その際には「埋葬許可証」を受け取ります。

 

火葬が済むと、四十九日のタイミングで納骨が行なわれるのが一般的です。「埋葬許可証」は納骨の際に必要になるので、それも大切に保管しておきましょう。

 


葬儀の流れと手続きのカテゴリー
  1. 危篤
  2. 臨終
  3. 葬儀の準備
  4. 通夜
  5. 葬儀・告別式
  6. 火葬
  7. 法要

葬儀の基礎知識のトップページに戻る


このページの先頭へ戻る