葬儀の流れと手続き6 火葬記事一覧

告別式が終わり、火葬場に遺体が搬送されると、故人の火葬が行なわれます。火葬に移るまでに、遺族と近親者だけで僧侶の読経による「納めの式」という法要をします。遺族や近親者にとって、納めの式で本当に最後のお別れとなります。【1】納めの式の流れ納めの式は次の手順で厳かに進められていきます。搬送された棺を火葬炉の前の焼香台近くに安置棺の前の台に、お位牌と遺影を置く僧侶による読経遺族による焼香(最後の別れ)合...

「荼毘に付す(だびにふす)」という表現があるのをご存知ですか? これは、火葬を意味する表現です。火葬では、通夜や告別式と違って、故人との別れがリアルになるのもあり、どうしようもない悲しみが込み上げてくると同時に、故人への感謝の気持ちも湧いてくるものです。ということで、ここでは、火葬についての心構えを深めていきたいと思います。【1】「荼毘に付す」とは?「荼毘に付す(だびにふす)」とは、火葬を意味する...

火葬が終わると、骨上げという儀式があります。骨上げの儀式にて、火葬の儀は完了して葬儀は全て終了となります。骨上げにより骨壷に納めたお骨は、いったん自宅に持ち帰り、四十九日まで安置するのが一般的です。ここでは、葬儀の最後の締めくくりでもある骨上げの儀式について、詳しくお話しします。【1】骨上げの儀式の流れ告別式が終わると、出棺の後に遺体は火葬場へと搬送されます。火葬場に着くと、火葬前の最後のお別れと...

このページの先頭へ戻る