【葬儀・告別式の段取り2】葬儀・告別式を執り行う

葬儀,告別式

 

「葬儀」と「告別式」は違います。それぞれに意義があるので、ここでしっかり理解しておきましょう。葬儀と告別式の、それぞれの意義の違いについてご説明します。

 

 

【1】「葬儀」とは?

 

葬儀とは、故人を葬るための儀式です。この世から無事にあの世へと送れるように、親族で冥福を祈りながら行なう儀式を指します。

 

流れを説明しましょう。まず、司会者が葬儀の開式を宣言し、僧侶が入場してきます。そして、僧侶が読経した後は、遺族・近親者が順番に焼香をします。

 

必要に応じて、弔辞・弔電の披露、喪主のあいさつと進めていきます。その後、出棺して閉式という流れが現在では一般的です。

 

葬儀終了後は、遺族が次の火葬の儀へと移っていきます。箇条書きでまとめると次のようになります。

 

葬儀の流れ

 

告別式

 

  1. 葬儀の開式
  2. 僧侶入場
  3. 僧侶の読経
  4. 僧侶退場
  5. 遺族・親近者の焼香
  6. 弔辞・弔電披露
  7. 喪主の挨拶
  8. 出棺
  9. 火葬

 

【2】「告別式」とは?

 

告別式は、遺族ではなく会葬者が焼香により故人と最後のお別れをする儀式のことを言います。昔は、葬儀と告別式は別々に行われていたそうです。しかし、現代の傾向としては、葬儀と告別式を一緒に行なうのが主流です。

 

つまり、葬儀が開式して、参列者が焼香(※ここからが告別式)するところから、参列者焼香終了後の喪主のあいさつ、出棺のお見送りまでが告別式になります。

 

告別式の流れ
  1. 葬儀の開式
  2. 僧侶入場
  3. 僧侶の読経
  4. 僧侶退場
  5. 遺族・親近者の焼香
  6. 参列者の焼香
  7. 弔辞・弔電披露
  8. 喪主の挨拶
  9. 出棺のお見送り
  10. 火葬

青字が告別式

 

現代では、葬儀と告別式を同時に執り行うため、進行の中で葬儀と告別式を区別しようと思うと、ややこしくなってしまいますね。

 

無理に区別して考える必要はないですが、それぞれの意義を理解しておくことは大切ではないでしょうか。

 


葬儀の流れと手続きのカテゴリー
  1. 危篤
  2. 臨終
  3. 葬儀の準備
  4. 通夜
  5. 葬儀・告別式
  6. 火葬
  7. 法要

葬儀の基礎知識のトップページに戻る


このページの先頭へ戻る