【葬儀の準備5】礼装の準備

葬儀,喪服,礼服

 

葬儀では、遺族や会葬者は礼装で参列しなければいけません。特に喪主や遺族は、マナーに反しないような礼装で参列するべきです。ここでは、礼装の準備に役立つ礼装のマナーの基本をご紹介します。

 

 

【1】和装の場合

 

礼装には、和装と洋装の2種類があります。ここでは和装の喪服マナーについてお話しします。

 

「男性」の和装

黒羽二重の染め抜き五つ紋付袴で足袋と半襟は白色を着用します。喪主は基本的に和装が好ましいです。

 

「女性」の和装

黒無地か地味な無地の黒羽二重の染め抜き五つ紋付で、 帯と帯締め、帯揚げ、そして草履、カバンは黒色のものを用意します。足袋と半襟は白色を着用します。女性も喪主は基本的に和装が好ましいです。

 

【2】洋装の場合

 

喪主以外の喪服は、最近は洋装が増えてきています。ここでは、洋装の喪服マナーについてお話しします。

 

「男性」の洋装

男性の洋装の正式喪服はモーニングコート、ズボンはストライプで黒のネクタイが基本です。カフスや靴、靴下も黒を着用します。

 

略式喪服は、礼服として着るシングルかダブルのブラックスーツで、最近はこちらの方が増えてきています。ネクタイやカフス、靴、靴下は黒でワイシャツは白です。

 

「女性」の洋装

洋装の正式喪服は、黒無地で光沢のない ワンピースやアンサンブルです。なるべく肌を見せないように長袖のものを着用します。

 

略式喪服は、地味なカラーのワンピースやアンサンブル、スーツになります。ストッキングや靴下、靴は全て黒です。

 

【3】小物や装飾品の注意点

 

カバンや小物類は基本的に全て黒のものを選びます。ヘアピンも目立たないものをつけましょう。

 

ネックレスは、パールのみです。二重のパールは、不幸が重なると言われていますので、一重のものをつけます。

 

ハンカチは、白か黒、薄い地味な色のものです。柄が入っていないものを選びましょう。数珠も忘れないようにカバンかポケットに入れておきましょう。

 


葬儀の流れと手続きのカテゴリー
  1. 危篤
  2. 臨終
  3. 葬儀の準備
  4. 通夜
  5. 葬儀・告別式
  6. 火葬
  7. 法要

葬儀の基礎知識のトップページに戻る


このページの先頭へ戻る