葬儀費用がない場合の対処法

 

葬儀を執り行うには、葬儀費用やお布施など合わせて、総額200万円ほどかかると言われます。しかし、200万円なんて大金をポンと出せる人は、少数派ではないでしょうか。

 

もしもあなたが、突然の葬儀で、葬儀費用を用意できない場合にはどうしますか?

 

 

【1】まずは故人の預貯金を確認

 

まず最初に確認すべきことは、故人の預貯金がどの程度あるかということです。預貯金が十分にあるのであれば、銀行に相談すると、葬儀費用相当金額を引き出してもらえるケースがあります。

 

ちなみに、故人が亡くなった事実を銀行が知った時点で、故人の銀行口座は凍結されてしまいます。つまり、故人の口座から、お金を勝手に引き出すことはできなくなります。

 

法律的にも、遺産相続手続きが完了しないことには、故人の預貯金を動かすことはできません。

 

理想を言えば、故人が亡くなる前の段階で、故人や他の相続人の了解を得たうえで、葬儀費用相当額を別に移しておくのがいいでしょう。

 

【2】故人の生命保険を確認

 

日本は保険大国なので、多くの人が何らかの生命保険に入っているものです。そこで、故人が何か生命保険に入っていなかったかどうか、すぐに確認するようにしてください。

 

そして、死亡した場合の保険金はいくらか? そして、受取人は誰かを確認しましょう。

 

死亡の原因が特殊なものでなければ、通常は問題なく保険金が支払われるはずです。なので、葬儀が終わった後にはなりますが、受取人に相応の金額が振り込まれると考えて間違いないでしょう。

 

保険金が手に入ることを確認したら

 

保険金が支払われるであろうことが確認できたなら、いわゆる「借金」で乗り切ることも選択肢のひとつです。「保険金が入る」ということを、他の親族に説明し、現時点で手元に現金がないので、葬儀費用を建て替えてほしいとお願いするわけです。

 

もちろん、口約束だけだと信用してもらえないかもしれないので、きちんと「借用書」を残すべきでしょう。

 

葬儀費用がない,借金,借用書

 

返済するアテがあるわけですし、借用書を用意して、誠実な態度でお願いすれば、お互いの信頼関係の中で貸してもらえる可能性は高いと思います。

 

【3】火葬式(直葬)などの安いプランを選ぶ

 

お金がどうしても用意できない場合には、火葬式などの葬儀プランを選んで、費用を極限まで抑えるのも選択肢のひとつになります。

 

火葬式というのは、通夜・告別式を行わずに、火葬のみですませるやり方です。(火葬前に、お坊さんの読経だけやってもらうことはできます。読経なしですませることも可能です。)

 

※火葬式プランの詳細については、こちらを参照してください。

 

一昔前だと、火葬だけというのは特殊なケースだったかもしれません。しかし、少子高齢化が進んでいる現代社会では、(高齢で参列者が少ないなどの理由から)盛大な葬儀をあげる風習は薄れてきているのが現実です。

 

大切なことは、遺族が故人を真心込めて送ってあげること。心がこもってさえいれば、葬儀の形式などどうでもいいことです。予算に応じて、現実的なプランを選ぶのが、最近の葬儀のあり方と言っていいでしょう。

 

【4】市町村の給付金などを受け取る

 

葬儀が終わってからの話になりますが、市町村の給付金など、遺族が受け取れるお金がいろいろあります。

 

詳細は別のページでまとめているので、そちらを参照してください。

 

 

葬儀費用一式をまかなえるほどではないですが、無視するにはもったいない金額を受け取ることができます。

 

注意したいのは、これらは自分で申請しないと受け取れないということです。自動的にもらえるものではないので、めんどくささはありますが、必ず申請するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る