【葬儀費用の相場3】お布施はいくら包むべき?渡し方は?

お布施,相場,渡し方

 

このページでは、お布施の相場価格や、お布施を僧侶に渡す方法などについて、イラスト付きでわかりやすく説明します。

 

具体的にいくら包めばいいかわからないとか、どうやって渡せばいいかわからないといったことで悩んでいる場合には、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【1】お布施の「相場価格」

 

一般財団法人 日本消費者協会の統計によると、お布施の全国平均は「約50万円」だそうです。内訳は次のようになってきます。

 

1.読経料

相場価格:一般葬の場合で15万円程度
僧侶にお経をあげていただくための費用です。通夜と告別式、火葬場と3回の読経が一般的です。3回の読経で15万円として、1回5万円程度と考えておくと、常識的な金額になると思います。

 

2.お車代

相場価格:5千円程度
自宅や葬儀場、火葬場までの僧侶に対する移動料金です。タクシーでいっしょに移動する場合には、タクシー会社に直接払えばOKです。遠くからわざわざ来ていただくような場合には、お布施とは別の封筒に、実費相当のお金を入れてお渡ししましょう。

 

3.御膳料

相場価格:5千円〜1万円程度
通夜や火葬の際の会食を僧侶が辞退した場合には、御膳料を包んで渡したりします。ただし、ちょっとしたお弁当程度のときは、お布施に含まれているものとして、わざわざ御膳料を渡す必要はないでしょう。

 

4.戒名料

相場価格:2〜25万円程度
故人が亡くなってからの名前を戒名と言い、戒名は僧侶と喪主が相談しながら決めます。戒名を僧侶につけていただく謝礼が戒名料です。戒名にはランクがあり、金額も大きく異なってきます。

 

戒名料については、こちらのページに詳しく書いているので参照してください。
宗派別!戒名の相場

 

5.心づけ

相場価格:5千円〜1万円程度
心づけとは、僧侶に渡すチップのことです。心づけは任意ですが、渡すのならば5千円程度が一般的です。菩提寺や僧侶との付き合いの度合いによって、心づけを渡すかどうか変わってきます。

 

お布施の全国平均は「50万円」ということですが、小規模な家族葬などでは「20〜35万円」くらいが目安と考えていいでしょう。

 

一方で、「いい戒名」にこだわりを持っている人や、熱心な檀家さんの場合には、数百万円のお布施を惜しみなく支払ったりします。そういった人たちも合わせての平均が「50万円」と考えてください。

 

【2】お布施の「準備」

 

お布施,お金の準備

 

金額を決めたら、さっそくATMや銀行で現金を下ろしてきましょう。数十万円単位の大金なので、ATMを使用するときは、周囲に不審な人物がいないことを確認するようにしてください。

 

ちなみに、この段階では、故人の預貯金を下ろすことはできません。正式に遺産相続の手続きが済まないと、故人の預貯金は自由にできないわけです。

 

なので、とりあえずは喪主が、自分の預貯金から手出しするのが一般的です。(通夜の段階で、お香典が十分に集まっているなら、それを利用してもいいと思います。)

 

お布施を入れる「封筒」の準備

 

お布施用の封筒は、白地のものを用意しましょう。あらかじめ「お布施」と印字された封筒も売ってるので、ホームセンターなどで購入してください。

 

あと、筆ペンも用意していただいて、封筒に必要事項を記入していきましょう。

 

中袋の表の面に「お布施の金額」を記入

 

お布施,中袋,表,書き方

 

中袋の表の面には、上図のように、お布施の金額を記入します。記入する際の注意点としては、必ず「大字(だいじ)」で記入するようにしましょう。

 

大字というのは、例えば「1」を「壱」と表記する書き方です。なぜこのような、めんどくさい書き方をするのかというと、数字を改ざんされないためです。

 

中袋の裏の面に「自宅住所」と「名前」を記入

 

お布施,中袋,裏,書き方

 

中袋の裏の面には、上図のように住所や名前などの個人情報を記入します。これを記入し忘れると、あとから「払ってもらってない」などと言われかねません。

 

こういうことを言うと語弊があるかもしれないですが、僧侶の中には、けっこうな「おじいちゃん僧侶」もいらっしゃいます。正直言って、大金を手渡して大丈夫かなと不安になるような僧侶もいるわけです。

 

最悪の場合、もらったかどうかの記憶が定かでなくなってしまうこともありえます。なので、住所と名前は、絶対に忘れないように記入してください。(写真や動画などを残しておいたほうがいいかもしれません。)

 

お札を封筒に入れるときの注意点

 

お布施,現金,入れ方,向き

 

中袋にお札を入れるときは、お札の左側から封筒に入れてください。つまり、諭吉の顔が最後に入っていく向きに入れるということです。

 

お札は新札(ピン札)が好ましいですが、そこまでこだわる必要はないでしょう。ATMで下ろしてきたお金を、そのまま突っ込めばいいと思います。

 

上包みの表の面に「お布施」の文字と「名前」を記入

 

お布施,上包み,書き方

 

中袋の準備が終わったら、上包みの表の面に「お布施」という文字と、「名前」を記入してください。筆ペンに慣れていない人なら、あらかじめ「お布施」と書かれた封筒を買ってくるのが無難ですね。

 

注意点としては、仏教、神道、キリスト教で、お布施の呼び方が違うところです。上図にも書いてますが、仏教なら「御布施」、神道なら「御神饌料」、キリスト教なら「献金」という表記になります。

 

上包みなしのシンプルな封筒を使うなら

 

お布施,上包みなし,書き方

 

上包みのある立派な封筒が手に入らない場合には、白を基調としたシンプルな封筒を使ってもかまいません。

 

この場合には、表の面に「御布施」の文字と、あなたの「名前」を記入してください。そして、裏の面には「住所」と「金額(大字表記で)」を記入しましょう。

 

【3】お布施の「渡し方」

 

お布施の渡し方

 

お布施を渡すタイミングは、特に決まっているわけではありません。僧侶と対面で挨拶するタイミングがあると思うので、そのタイミングでお渡しすれば大丈夫です。

 

一般的には、葬儀が始まる少し前に、僧侶の待合室に行って挨拶します。葬儀社の担当者が、僧侶の待合室に案内してくれると思うので、そのときにお布施を持って挨拶しに行きましょう。

 

お布施の基本的な渡し方

 

お布施を渡すときは、「切手盆(きってぼん)」というものに載せて渡すのが基本的な作法になります。

 

お布施,渡し方,切手盆

 

とはいえ、切手盆なるものを持っている家庭は、少ないかもしれません。葬儀社によっては貸してくれるかもしれないので、担当者さんに事前に確認してみてください。

 

あるいは、親族の誰かが持っているなら借りればいいですし、ホームセンターなどにいけば置いてあったりします。いわゆる「切手盆」という名称の商品でなくても、手頃な大きさ・色のお盆があればそれで代用可能です。

 

お布施を手渡しする場合

 

まれに、僧侶がギリギリで(あるいは遅れて)来ることもあります。他の葬儀場で、他の案件も掛け持ちしているようなケースです。

 

この場合、到着してすぐに葬儀が始まるため、葬儀前にお布施を渡すタイミングがなかったりします。

 

この場合はしかたないので、読経が終わってから、僧侶が退室されるタイミングで出口付近でお渡しすればいいでしょう。わざわざ切手盆に載せるのも不自然ですし、手渡しでいいと思います。

 

ただし、お布施の入った封筒をそのまま渡すのもアレなので、「袱紗(ふくさ)」と呼ばれるものに包んでお渡しするのがスマートです。

 

お布施,手渡し,袱紗

 

専用の立派な袱紗を用意する時間がない場合には、適当なデザインの風呂敷があれば、それで代用してもいいでしょう。

 

自分で用意するのが難しい場合には、葬儀社の担当者に相談してみてください。(葬儀社に用意してもらうと、実費プラスアルファの費用がかかります。)


このページの先頭へ戻る