【葬儀費用の相場1】葬儀社に支払うお金はいくら?

 

葬儀にはいろいろな費用がかかりますが、なかでも一番大きいのが「葬儀一式費用」です。これは葬儀社の取り分となる費用のことで、お布施などは含みません。

 

ちなみに、一般財団法人 日本消費者協会の統計によると、葬儀一式費用の全国平均は「約120万円」だそうです。

 

 

【1】葬儀一式費用に含まれる項目と相場価格

 

葬儀一式費用に含まれる項目と、それぞれの相場価格について見ていきましょう。

 

1.式場の使用料

相場:2万円〜30万円程度
通夜〜葬儀、初七日、精進落としなどで使用する、式場の使用料です。葬儀社の見積もりに含まれず、別料金として請求されるケースもあるので、注意してください。

 

2.祭壇や生け花、装具、遺影など

相場:30万円〜60万円程度
祭壇は、安いと30万円程度、高額になると60万円程度です。生け花は一般的に3万円程度で、装具は10万円〜20万円ほど、遺影代は高くても4万円程度です。

 

3.棺やドライアイス

相場:10万円〜15万円程度
棺代は10万円〜13万円ほどが相場です。ドライアイス代は、1日1万円程度が相場になります。つまり、遺体保存期間が3日間なら、ドライアイス代が3万円かかるということです。

 

4.葬儀社へ搬送する時の寝台車料金

相場:3万円〜6万円程度
故人を搬送するための寝台車の使用料です。例えば「20kmまで○万円」などと決まっていることが多く、それを超えると距離に応じた追加費用が発生します。見積もりに含まれず、別料金として請求されることもあるので注意してください。

 

5.火葬場へ搬送されるときの霊柩車料金

相場:3万円〜5万円程度
搬送にかかる料金は、車のグレードや距離によって変動します。葬儀場から近くの火葬場が利用できる場合はいいですが、やむをえず隣の市区町村の火葬場を利用せざるをえない場合などは、少し高くなるケースがあります。

 

6.火葬代や骨壷代

相場:3万円〜20万円程度
火葬代は高くても20万円程度までで、骨壷代は1万円程度になります。葬儀社によっては、9万円程度の火葬場案内料を取られることもあります。

 

7.心づけなど

相場:0〜3万円程度
心づけというのは、葬儀社の担当スタッフや運転手に支払われるチップのことです。以前は、相手から要求してくることも多かったそうです。最近では、トラブル防止の観点から、受け取り禁止にしている葬儀社も増えています。

 

上記以外にも、スタッフ料、受付セット、位牌セット、自宅用安置祭壇などなど、あらゆるものに費用がかかってくると思ってください。

 

また、それぞれの単価も葬儀社によってバラバラです。何か追加するとか、何かグレードアップするとか、そういった話が出てきたら、いちいち金額を確認する癖をつけたほうがいいでしょう。

 

【2】実際の見積もりは「セット料金+追加オプション」

 

ここまで、葬儀一式費用の内訳を細かく見てきましたが、実際に葬儀社に見積もりを依頼すると「セット料金」が決まっていたりします。

 

葬儀一式費用,セット料金

 

例えば、「祭壇料」が30万円などと決まっていて、さらに必要最小限のものだけ組み合わせた「基本セット料金」が50万円などと決まっていたりするわけです。

 

なので、実際に葬儀社と打ち合わせをして、見積もりを依頼すると、まずいきなり「祭壇料30万円+基本セット料金50万円=80万円は必ずかかります」などという話をされます。

 

あとは、参列者の人数やグレードによって微調整し、追加するオプション料金を加算して、葬儀一式費用の総額が決まるという流れです。

 

【3】費用のことで葬儀社とトラブルにならないために

 

葬儀社と費用について打ち合わせするときは、きちんと一覧表を見せてもらって、「これはセットに含むのか? 含まないのか?」というのを、いちいち確認するようにしてください。

 

また、余分なものまでオプションに入れられてないか、必要なのに基本セットに入ってないものがないかも確認しましょう。

 

葬儀の実際の流れと合わせて説明を受けること

 

葬儀で使用する物品や、湯灌などのサービスについては、私たち一般人には馴染みのないものだったりします。なので、一覧表だけ見せられても、判断できないことが多いです。

 

なので、葬儀の流れを説明してもらいながら、「この段階でこういうふうに使う」という具体的な説明もしてもらうと、「無駄」や「漏れ」がなくなります。

 

「おまかせします」は禁句

 

葬儀というのは、一般の人にとって、わからないことだらけです。しかも、大切な人が亡くなった直後でもあり、お金のことなど、めんどうなことを考えることができないような精神状態だったりもします。

 

ですが、だからといって、葬儀社の言いなりになっていてはダメです。必要以上の豪華な葬儀で、驚くような費用が発生してしまう危険性が高いです。

 

いろいろ大変だとは思います。しかし、決して「おまかせします」と言わないようにしてください。どんなときでも、お金のことは、きちんと、自分でコントロールすべきでしょう。

 

【4】寺院費用(お布施)や飲食接待費は別に必要

 

あと、勘違いしてはいけないのが、葬儀一式費用に加えて、お布施などの「寺院費用」や会食代などの「飲食接待費用」が必要になることです。

 

葬儀社の見積もり以外にも、けっこうまとまった費用が必要になることを頭に入れて、葬儀費用の打ち合わせをしてください。

 

故人のために、なるべくしっかりした葬儀にしてあげたいと思うと、あれこれオプションを付けたり、グレードアップしたくなったりするかもしれません。

 

ですが、お布施なども合わせたトータルで考えておかないと、お金が足りないということにもなりかねません。使える予算をしっかり確認して、無理のないプランを組み立てるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る