【葬儀のプラン1】家族葬・密葬

 

故人の家族や近親者のみで行なわれる葬儀に「家族葬」と「密葬」があります。それぞれ同じように思えますが、実は少し中身が違います。

 

「家族葬」とは?

 

家族葬とは、親族や親しい友人だけで行なう葬儀のことです。流れとしては、次の通りです。

 

【1】ご自宅でお亡くなりになられた場合は、まず病院に連絡をします。病院で亡くなられた場合は、病院の指示に従って葬儀業者に連絡をします。

 

【2】 自宅か葬儀場に遺体を搬送する際は死亡診断書が必要になりますので医師から受け取ります。死亡診断書は、死因や逝去日が明記されており、役所に届けるための重要書類でもあります。

 

【3】死亡診断書を受け取ってから葬儀業者に連絡をしますと、遺体をお迎えに来てくれますので、自宅か葬儀場に搬送してもらいます。

 

【4】自宅か葬儀場に遺体が搬送後に安置されてから、具体的に葬儀についての打ち合わせを葬儀業者と行なっていきます。打ち合わせでは、納棺や通夜、告別式の流れを知った上で式中初七日や火葬場に搬送するタイミング、火葬の有無や内容、葬儀代の支払いの手順について細かく決めていきます。

 

【5】打ち合わせ通りに、納棺、通夜、告別式、式中初七日、火葬、骨上げが行なわれます。

 

近年の傾向としては、家族葬の場合は特に、告別式の中で式中初七日を行なうことが多いです。

 

「密葬」とは?

 

親族や近親者のみで葬儀を行なった後に、別の日に一般の参列者とともに故人の追悼会を行なう葬儀形式もあります。
こうしたスタイルの場合、親族や近親者のみで行なう葬儀を密葬、別で一般の参列者とともに故人の追悼会などを本葬と言います。

 

密葬の流れは家族葬の流れとほぼ同じで、近年の傾向としては、本葬はホテルなどの会場で軽食をしながら、参列者からの献花やお別れの言葉をもって故人をお見送りする流れが多いです。

 

家族葬、密葬はどんな人に向いてるか?

 

「家族葬」は、葬儀全てを家族と近親者のみでささやかにお見送りをしたい、予算を抑えたいという人に向いています。一方で、「密葬」は、葬儀は家族と近親者のみで、お見送りは故人がお世話になった方たちとともに行ないたいという人に向いています。

 

葬儀形式を選ぶ際の注意点としては、喪主を中心とした親族で故人が納得してくれる形式をしっかりと話し合いながら、無理のない予算の中で決めていくことです。

 

家族葬・密葬

一日葬

火葬式・直葬

逝去日 葬儀業者に連絡

お迎え

打ち合わせ

安置

2日目 納棺

葬儀場に搬送

通夜

3日目 納棺

告別式

式中初七日

火葬場に搬送

火葬

支払い

コメント

一般的なお葬式と同じ流れ 通夜を行わないプラン 通夜も告別式も行わない

 

「家族葬・密葬」についてお問い合わせはこちら

このページの先頭へ戻る